コラム

【FXコラム】海外FXでは1pipsを大事にする理由|ヒントは100%入金ボーナスです

海外FXで複数の業者の口座開設をすることは大きな意味があります。A業者で1pipsを獲得できれば、出金して入金100%ボーナスを提供しているB業者に入金することで、2pipsを獲得できたのと同じ効果があります。もちろん、証拠金として使えるという意味ですが、証拠金が増えることによって、ロットを複利で増やすことが可能です。
お役立ち

スワップポイント比較表(Axiory、TitanFX、DealFX、XM)

DealFXを比較業者の対象としているのは数少ないサイトです。検索機能も搭載しているので、トレード前に是非当サイトでスワップポイントをご確認ください。長期保有トレードには必ずお役に立てると確信しております。
コラム

【FXコラム】FXトレードでは借金で証拠金を準備してはいけません

海外FXなら少ない証拠金でも大きく稼ぐことが可能です。例えばキャリアの携帯電話を解約して格安スマホにすることで5,000円の削減に成功すれば、一日に10pipsの利益確定であっても1ヶ月で資産を4倍にすることが可能です。つまり、4ヶ月で128倍になります。生活費の固定費を見直すということは、生活レベルの改善に大きく貢献するのです。
コラム

【FXコラム】スプレッドとは何かを理解してFX業者を選びましょう

FX業者を選ぶ上で重要なこと FXトレードではスプレッドも考慮する必要があります FXに限らず、新しい何かを始めると訳の分からない単語が出てきますが、今回説明するスプレッドもその1つになります。このスプレッド、その読みからは正体を推測す...
コラム

【FXコラム】国外送金等調査書によって脱税は不可能です

海外FXの利益は総合課税扱いです。実は年間の利益が330万円未満だと海外FXのほうが税金が安いのです。初心者がFXで年間に330万円を超える利益を出すのは現実的でないため、海外FXのほうが有利であると言えます。国内FXで330万円以上の利益を出すには、100万円以上の証拠金を用意して毎日1ロットで10pipsの利益を出すということが必要です。国内FXで100万円の証拠金で1ロットの注文をすると、実行レバレッジが1.0以上であり、やや危険な取引であることを考えると、少ない証拠金で大きな利益を狙える海外FXを選択するのが安全な戦略と言えます。
コラム

【FXコラム】STICPAYは海外FXの入出金に必要か?

海外FXでトレードするなら、複数の入出金ルートを確立することがとても重要になります。かつては、NETELLERサービスが注目されていましたが使えなくなってしまいました。多くのトレーダーが慌てた経緯を踏まえ、時間のあるときにSTICPAYのアカウントを開設しましょう。
GEMFOREX

【今週の注目ツイート】GEMFOREX高額出金事例(1600万円!)

GEMFOREXからの高額出金事例です。このように高額であっても出金拒否などありません。一般的なサラリーマンの年収を超える利益が得られるのが海外FXの大きな魅力です。また、GEMFOREXでは未入金ボーナスを定期的に開催していて、海外FXのデビューを応援することに大きな力を注いでいます。数ある海外FXブローカーの中でも、なぜGEMFOREXを選択するべきかを考察できる記事として是非参考にしてください。きっと納得のいく理由を見いだせるはずです。
FBS

【FBS最新情報】デモ口座コンテストで賞金を狙おう!

海外FXブローカーならリアルマネーの賞金コンテストがあります。もちろん、デモ口座で競われるので口座残高がなくなっても大丈夫です。優勝者は実際の賞金の獲得も可能ですが、CopyTradeの発信者になってさらに稼ぐことも可能です。ノーリスクでFXで活躍する絶好のチャンスをお見逃しなく!
おすすめ業者

【海外FXおすすめ業者】Anzo Capitalが日本人トレーダーの間で注目されるのは時間の問題

Anzo Capitalの魅力について徹底的に調べ上げた内容をお伝えいたします。 数ある海外FXブローカーの中でなぜAnzo Capitalの口座開設をするべきなのか? 複数タイプ口座はどのような違いがあってどのように使い分けるべきか? というのを解説したので、必ず役に立てるページになっています。
コラム

【FXコラム】スキャルピングについて|トレード手法を見直して飛躍しましょう

熟練のトレーダーも時には大きな損失を被ることがあります。それは、一つの手法にこだわった結果であり、熟練している故の盲点でもあります。常に利益を勝ち取るのは困難な道程ですが、スランプに陥った時こそトレード手法を見直すきっかけにもなります。口座を開設したら是非読んでいただきたい記事です。
タイトルとURLをコピーしました