2019-10

コラム

【FXコラム】国外送金等調査書によって脱税は不可能です

海外FXの利益は総合課税扱いです。実は年間の利益が330万円未満だと海外FXのほうが税金が安いのです。初心者がFXで年間に330万円を超える利益を出すのは現実的でないため、海外FXのほうが有利であると言えます。国内FXで330万円以上の利益を出すには、100万円以上の証拠金を用意して毎日1ロットで10pipsの利益を出すということが必要です。国内FXで100万円の証拠金で1ロットの注文をすると、実行レバレッジが1.0以上であり、やや危険な取引であることを考えると、少ない証拠金で大きな利益を狙える海外FXを選択するのが安全な戦略と言えます。
コラム

【FXコラム】STICPAYは海外FXの入出金に必要か?

海外FXでトレードするなら、複数の入出金ルートを確立することがとても重要になります。かつては、NETELLERサービスが注目されていましたが使えなくなってしまいました。多くのトレーダーが慌てた経緯を踏まえ、時間のあるときにSTICPAYのアカウントを開設しましょう。
GEMFOREX

【今週の注目ツイート】GEMFOREX高額出金事例(1600万円!)

GEMFOREXからの高額出金事例です。このように高額であっても出金拒否などありません。一般的なサラリーマンの年収を超える利益が得られるのが海外FXの大きな魅力です。また、GEMFOREXでは未入金ボーナスを定期的に開催していて、海外FXのデビューを応援することに大きな力を注いでいます。数ある海外FXブローカーの中でも、なぜGEMFOREXを選択するべきかを考察できる記事として是非参考にしてください。きっと納得のいく理由を見いだせるはずです。
FBS

【FBS最新情報】デモ口座コンテストで賞金を狙おう!

海外FXブローカーならリアルマネーの賞金コンテストがあります。もちろん、デモ口座で競われるので口座残高がなくなっても大丈夫です。優勝者は実際の賞金の獲得も可能ですが、CopyTradeの発信者になってさらに稼ぐことも可能です。ノーリスクでFXで活躍する絶好のチャンスをお見逃しなく!
おすすめ業者

【海外FXおすすめ業者】Anzo Capitalが日本人トレーダーの間で注目されるのは時間の問題

Anzo Capitalの魅力について徹底的に調べ上げた内容をお伝えいたします。 数ある海外FXブローカーの中でなぜAnzo Capitalの口座開設をするべきなのか? 複数タイプ口座はどのような違いがあってどのように使い分けるべきか? というのを解説したので、必ず役に立てるページになっています。
コラム

【FXコラム】スキャルピングについて|トレード手法を見直して飛躍しましょう

熟練のトレーダーも時には大きな損失を被ることがあります。それは、一つの手法にこだわった結果であり、熟練している故の盲点でもあります。常に利益を勝ち取るのは困難な道程ですが、スランプに陥った時こそトレード手法を見直すきっかけにもなります。口座を開設したら是非読んでいただきたい記事です。
コラム

【FXコラム】海外FX業者はIB報酬でも稼ぐことが可能です!

海外FXブローカーのもう一つの魅力はパートナープログラム(IB)で報酬を得ることです。一般的にASPではブログやサイトの審査があり、初期投資をしても広告掲載を断られることがありますが、海外FXブローカーはIB登録が簡単なうえに、ブログやサイトの審査はありません。イニシャルコストを極限まで抑えられるのは大きなアドバンテージです。
コラム

【FXコラム】海外FX業者はライセンスを取得しているのでかえって安全です

海外FX業者の保有しているライセンスを解説 海外FX業者は日本国の法律に基づいたライセンスは「あえて」保有していませんが、「国際的に信用が高い」ライセンスを保持しています。 本記事では、金融ライセンスの取得、顧客資金の個別管理、...
コラム

【FXコラム】重要な経済指標を把握して有利な取引をしよう!

海外FXで大きく稼ぐためには、各国の経済指標の種類と時期を把握することが重要です。初心者のうちは経済指標をしらないケースが散見しておりますが、当サイトでは初心者でもFXで大きく稼ぐための重要知識をわかりやすく解説することに努めております。
コラム

【FXコラム】海外FX業者で取引をするのは違法ではない

金融庁の警告文書を読んで、海外FXブローカーで取引することを違法と解釈するケースがあります。海外FXブローカーが警告を受けるのは、金融庁の認可をあえて取得していないからです。なぜなら、日本国内の法律では未来応援型の海外FXブローカーが提供するゼロカットもボーナスも不可能だからです。トレーダー保護を謳った法律ですが、業者への追証が発生しないためのシステム構築を行政指導しない法律は無意味と言っていいでしょう。本記事では海外FXブローカーでトレードしても罰則にならない理由を解説して、口座開設をためらう方の不安を解消できるように説明しました。
タイトルとURLをコピーしました